2006年12月31日 (日)

更新お休みのご連絡

やまねこハ長調として、2006年1月よりスタートさせた、きまぐれなクラシック・ブログですが、みなさまの暖かいご声援によりなんとか続けてくる事が出来ました。(´∇`)本当に感謝しています!

しかしながら、この度諸事情がいろいろとありまして、しばらく更新をお休みさせていただきます。楽しみにして毎回ご訪問して頂いている方には誠に申し訳ございません、何卒ご理解頂ければと思います。今後は、クラシック・ピアノ無料ブログサイトとして、このままの状態に残しておきます。いつでも気軽に遊びにきてお好きな曲をお楽しみください。そして、何よりも当初の目的にしていた「眠れない夜を過ごす全ての傷ついた心」を少しでも癒す事が出来れば、何よりも嬉しく思います。(過去の全バックナンバーは>>こちら


簡単な内容で恐縮ですが、以下に色々と今までのご報告です。

■総合ランキング
ブログ立ち上げ当初のRSSランキングは約600位からのスタートでした。最高位91位。Apple ItunesPodcastランキングの最高位は98位。RSS Podcastingリスナー数は9,424人。ブログへの平均アクセス数は1日約200名ほどでした。総アクセス数103,000PV(2006/12/31現在)。

■検索ワード/フレーズランキング
1位:きらきら星変奏曲/2位:モーツァルト/3位:ショパン/4位:ピアノ/5位:やまねこハ長調/6位:ヘンデル ラルゴ/7位:ベートーベン/8位:ドビュッシー アラベスク/9位:調子のよい鍛冶屋/10位:水の戯れ

■人気作曲家ランキング
1位:ショパン/2位:モーツァルト/3位:ベートーベン/4位:ドビュッシー/5位:リスト/6位:ヘンデル/7位:ラヴェル/8位:シューベルト/9位:バッハ/10位:メンデルスゾーン

■人気作品ランキング
1位:きらきら星変奏曲(モーツァルト)/2位:幻想即興曲(ショパン)/3位:月光(ベートーヴェン)/4位:2つのアラベスク(ドビュッシー)/5位:やまねこハ長調デモデッサン-9-/6位:調子のよい鍛冶屋(ヘンデル)/7位:水の戯れ(ラヴェル)/8位:アヴェ・マリア(グノー)/9位:亡き王女のためのパヴァーヌ(ラヴェル)/10位:やまねこハ長調デモデッサン-14-

■アクセス地域ランキング
1位:東京/2位:神奈川/3位:大阪/4位:福岡/5位:埼玉/6位:北海道/7位:愛知/8位:千葉/9位:京都/10位:静岡/11位:茨城/12位:宮城/13位:宮城/14位:兵庫/15位:広島/16位:栃木/17位:岐阜/18位:長野/19位:岡山/20位:三重

■国別アクセスランキング
1位:日本/2位:アメリカ/3位:ドイツ/4位:スイス/5位:中国/6位:フランス/7位:ポーランド/8位:ハンガリー/9位:スペイン/10位:イタリア

■アクセス曜日・時間ベスト3
1位:木曜10時代/2位:土曜11時代/3位:木曜11時代



そんな訳で!いつかまた、みなさまへ(もう少しマシな)演奏をお届け出来るその日が来ましたら、再開したいと思います。これをキッカケにクラシック&ピアノが好きになってくれたら嬉しいです。最後になりましたが、沢山沢山た〜〜くさんの感謝を込めて・・・


聴いてくれて、本当にありがとう!


♪♪d(⌒∇⌒)b♪♪



<P.S
結局、1つも完成させられなかったけれど、何故か一番人気のあったオリジナル曲から「やまねこハ調デモデッサン-9-」を、眠れない夜を過ごす全ての方へ捧げます!

Listenmp3_15

よろしかったら、以下のクリック募金へご協力くださいm(_  _)m
Dff_1

|

2006年12月16日 (土)

シューマン「子供の情景/トロイメライ」

Listenmp3_15

R.A.Schumann/Träumerei(Kinderszenen op.15)

久し振りの登場となる「シューマン先生」です(^^)b
>>過去記事
この作品は有名な「子供の情景」という作品集に収録されている「トロイメライ」という短い小曲です。題名はピンとこないかもしれませんが、聞いて頂ければすぐにわかるくらい有名なピアノ曲です。
( ̄∇ ̄;)ドキドキ
トロイメライとはドイツ語の「トラウム(夢)」から名付けられ、「夢みごこち」といった意味だそうです。

今回は非常に珍しく、作品の譜面をネットで詳しく解説しているサイトを見つけました。ピアノを練習されている方等は総譜と一緒にご覧頂けると参考になると思います(初心者の方でも弾けますよー)
★シューマンの『トロイメライ』>>譜面解説サイト

(*`∀´*)シューマン先生はピアニストで世に出てこられた方らしく、かの著名なピアニスト「ショパン様」の才能をいち早く見出した方です。「諸君、脱帽したまえ、天才だ!」という名言が残されてます。その他にも、メンデルスゾーンを擁護し、若き日のブラームスを発掘、また、ベルリオーズをドイツに紹介、シューベルトの器楽曲を賞賛し『大ハ長調交響曲』を発見、バッハ全集の出版を呼びかけるなど、ドイツ音楽の地位向上と忘れ去られていた過去のドイツ音楽の名作の再評価に決定的な役割を果たした偉大な方でもあります。

自宅にブラームスがいきなりやってきて演奏したらしいですから、それだけでも凄いと思うのですが、その場の演奏で才能を理解できたシューマン先生も偉大ですね!(T"T)
ちなみに、シューマン先生のお気に入りは、バッハ様、ベートーヴェン様、シューベルト様、だったそうです。そんな話を聞いたら・・・当然....演奏は!

堂々ヽ( ̄^ ̄)ノ降参!

| | コメント (4)

2006年12月10日 (日)

モーツァルト「トルコ行進曲」

Listenmp3_15

W.A.Mozart/Piano Sonata No.11(K. 331/ 3.Rondo Alla Turca: Allegretto)

ついにモーツァルト様の数ある有名曲「トルコ行進曲」です。
勢いです。完全に勢いだけで弾いています。人生勢いです(てへ)

この作品は正確には「ピアノ・ソナタ第11番の第3楽章」です。なぜにトルコなのかというと、この第3楽章は「アラ・トゥルカ(トルコ風に)」と記されていたことからこの名称で親しまれるようになりました。4分の2拍子で軽快な感じですが、当時流行していた東方風のスタイルの影響を受けているようです。

そんな訳で12月です|ー ̄)...毎日寒いです。

今年もあとわずかですが、学校、会社、バイト、家事、おつきあい、とか色々とまだまだ忙しい日々が続いている事だと思います(ですよね?)。しかーし、そこは現代人たるもの負けてはいられない世の中です。そんなみなさまの為に、抵当に心を込めて......応援歌のつもりで弾いてみました!

年末、お正月はもうすぐです!
とにかくガンバりましょう!


♪ヾ( ̄∀ ̄ゞ))..( シ ̄∀ ̄)ツ_フレー♪

P.S
カゼにはくれぐれもご注意ください

| | コメント (3)

やまねこ〜ピアノ作品/デモデッサン-17〜

Listenmp3_15

やまねこの「17作目」です。

今回のテーマは「真冬の雪を眺める夜」です。(>∀<*)てへ
毎回、こんな感じで情景を思い描いて 適当に....弾いています。

えっと、場面(シチュエーション)は地方の田舎町。真冬です。とてつもなく寒いです。なぜか主人公は町を見下ろす小高い丘に立っています。夜です。すんごく暗い電灯とかもない、まっくらです。そして、ぼたん雪が降っています。辺り一面、雪化粧です。マフラーをして、暖かい飲み物を手にしながら、立っています。時々、風が強く吹きます。

雪を見つめ、自分を見つめ、
真夜中の雪化粧と向かい合い、
自分の生きている世界と向かい合い、
真夜中にひとりで立っています。

そんな感じの作品です(´・ω・`)

終わりそうで終わらない、
そんな感じを心がけて弾いてみました( ̄∀ ̄)

| | コメント (2)

2006年12月 2日 (土)

ドビュッシー「子供の領分/グラドゥス・アド・パルナッスム博士」

Listenmp3_15

Claude Debussy/Children's Corner〜Dr. Gradus ad Parnassum

連続で「ドビュッシー様」ですヽ(´ー`)ノ 〜♪
久し振りにスケール練習していたら.....あれ?これどっかで・・・
はて?( ̄ー ̄)なんだろ?なんだろ?なん・・・ドビュッシー様だ!
そんな訳で今回の作品は選ばれたのです(毎度適当)。

本作「子供の領分」という作品は6曲構成で、今回ご紹介するのは
その中の最初の「グラドゥス・アド・パルナッスム博士」という曲。詳しくは>>こちら
それにしても、長いタイトルです(__;

1905年にドビュッシー様は、エマという女性と駆け落ち同然に
再婚して、43歳にして初めてお子様が誕生します。
一人娘のクロード・エマ(愛称 “シュシュ”)です。
高年齢、初めての子供、という事でほとんど
溺愛したそうです
そして、そんな彼女の為に捧げられているのは「子供の領分」です。
オリジナルより、かなぁ〜りテンポをゆっくり弾いてますので
細かいつっこみとかは勘弁してください<(_ _)>

ところで・・・もう12月ですね。
クラッカーとか鳴らしてケーキとか食べちゃうんですかね。
今年もあとわずかですが、カゼとか注意してお過ごしください!

って、年末話題に話を飛ばして自分も......当然逃げます
ばっさばっさ・ヾ(。 ̄∀ ̄)ツ 飛ぶぞ〜!

 

| | コメント (4)

2006年11月26日 (日)

ドビュッシー「亜麻色の髪の乙女」

Listenmp3_15

Claude Achille Debussy/La Fille aux Cheveux de Lin

久し振りに「ドビュッシー様」の作品ですヽ(´ー`)ノ
以前ご紹介した「月の光」同様に、
この曲も有名ですよね!

印象主義としてドイツ的で不思議な感じの曲を多く残されている事でも有名な方ですが、この「亜麻色の髪の乙女」を含むピアノ曲集「前奏曲第1集」は、何か独特な世界観の作品が多いのです。(´∀`)個人的には憂鬱な「雪の上の足跡」なんかも好きです。

えーと...._〆(..;)
この「亜麻色の髪の乙女」という曲は、そもそもドビュッシー様がフランスの詩人ルコント・ド・リールの詩の一節からインスピレーションを受けたといわれています。

今回も「おフランス風」の詩人の足取りで逃げ....たい!
バタッ(ノ_ _)ノ 

 

| | コメント (6)

2006年11月11日 (土)

やまねこ〜ピアノ作品/デモデッサン-16〜

Listenmp3_15

やまねこの「16作目」です。

どうしちゃったんでしょう?1日に2曲更新です。Σ(゚∇゚;)!!
色鮮やかなキノコとか、別に変なもの食べてません!

友人が、遠距離恋愛をはじめたそうです。(´ー`)
夜中に携帯を鳴らして相談する事を覗けば、微笑ましい事です。
声がキラキラしてます。久し振りの恋だそうです(知った事か!)

ワクワクした声の反面、心配性でドキドキしながら
「大丈夫かな?大丈夫かな?」と何度も口にしてました。
それは.......まるで自分に言い聞かせるように(*´ー`)
そんな話を聞きながら、ふと、ピアノを弾いてみました。

| | コメント (5)

カッチーニのアヴェ・マリア

Listenmp3_15

Ccini, Giulio/Ave Maria

初登場となる「カッチーニ様」です!( ̄∀ ̄)
曲名を見て最初に(・∀・;)エ?.....と思った方!エライ!
そうなんです。以前も、アヴェ・マリアを紹介しています。

実はこの「アヴェ・マリア」という作品は、
沢山の種類(バージョン)があるのれす( ̄∀ ̄)b

みなさんがご存知で最も有名なのが、以前紹介したバッハ巨匠の「平均率クラビア曲集 第1部」をグノー様が編曲した「バッハ&グノーのバージョン」。それ以外にも、シューベルト/モーツァルト/ビゼー/ストラビンスキー/サン=サーンス/アルカデルト/その他多数の作品があります。

そして、今回紹介するカッチーニ様の作品は、一般の方にはあまり知られていないけど、クラシック・ファンには長年愛され続け、とても人気のあるバージョンなのれす!( ̄▽+ ̄*)キラン

あっ、忘れてました!
恒例のカッチーニ様に関して詳しくは→コチラ
さらに!譜面も掲載して便利な日本の.......
カッチーニ様を特集している方のサイトは→コチラ

心の底へ染み込むような作品ですね〜★♪☆.....と絶賛しながら
・´゜☆。.(ノ ̄∇ ̄)ノ祈りながら逃げます!


|

2006年11月 9日 (木)

バッハ「2声のインベンション 13番」

Listenmp3_15

Invention a 2 voix, No. 13 (BWV784)

連続でバッハ巨匠の作品ですq(^-^q) (p^-^)p
今回は非常に短いです。以前もご紹介した「2声のインベンション」から第13番です。しかも、高速演奏です\( ̄∀ ̄)/ストレスはっさ〜〜ん!(ヤケクソ?)。

恐らく天国にいるバッハ巨匠が聞かれていたら、
カツラがズレている事でしょう!(≧∀≦)ノ_彡 バンバン!

 

神様に怒られないうちに..........消えます(新バージョン)

(。・∀・。)クルッ( 。・∀)( 。・)( )( )() *パッ

| | コメント (4)

2006年11月 7日 (火)

バッハ「フランス組曲 2番」

Listenmp3_15

J.S.Bach/Französische Suite No. 2 c-moll BWV 813

久し振りの大バッハ巨匠の作品でございまする(*`∀´*)
はっきりいって、スランプは抜けていません!できません。
弾けません、わかりません、何もでてきませーーん!
そんな時は、困った時の神頼みのごとく!
原点回帰ならぬ「バロック回帰」です。( ̄∀ ̄;)初心に戻れです!

この作品は、バッハ巨匠が2回目に結婚された奥様との
アツアツ(37歳)の頃に作られた名曲「フランス組曲 第2番」です。
フランス組曲は全部で6つあります。タイトルはバッハ巨匠が
つけたものではなく、後々に「フランスっぽい」ということで
付けられたそうです(てきとーだなー)
だから、「アンナ・マグダレーナのための小曲集」に収録されてます。

奥様の趣味も加わったバロック的作品であり、歴史的にも
名曲の1つとして長い年月受け継がれている素晴らしい曲。
本来のテンポより早めに弾いていますが、5部構成の最後の
Gigue(ジーク)は泣ける程に難しいです。

毎度、へなちょこ演奏ですが秋の夜中にバロックに浸ってみませんか?
当然、その合間に............(久し振りに)..........

フランス風の足取りで.........
逃げます!ε=ε=ε=ε=┏(; ̄∇ ̄)┛

| | コメント (4)

2006年11月 4日 (土)

やまねこ〜ピアノ作品/デモデッサン-15〜

Listenmp3_15

やまねこの「15作目」です。

ぎゃぁぼ〜!!
秋ですね・・・とかいってたら、すでに暦では
じゅ、11月になってる!!( ̄∀ ̄;) お元気ですか?

季節の変わり目は気温の変化が激しいので、
お体と心を大切にしてくださいね。

毎度へなちょこ演奏です。適当に夜中ひとりでポロポロ〜と
弾いていたらこんなの出来ました。って感じです(*´∀`*)

| | コメント (2)

2006年10月21日 (土)

やまねこ〜ピアノ作品/デモデッサン-14〜

Listenmp3_15

やまねこの「14作目」です。

おっ久し振り〜...... ( 〃..)ノ ハンセイ
もう、コメント&トラバのスパムの処理でブログが嫌になってきてます。ココログさんに相談したら「対処できません」とキッパリ言われました。だから、半分くらい、もうブログやめようかなぁ〜って気分でした・・・
それに加えていっちょまえに「スランプ」になりました (T_T )
そんな時もあるよね!って気分でなんとか気軽に作ってみました。

それに、ブックマークから毎日来てくれているようですので、ほんの少しでも楽しみに待っててくれる人がいるなら、またやってみようかなぁ〜って気分です。そんな訳で\( ̄∀ ̄;)悩んだら転調しろ!という師匠の教えを守って、毎度、レベルの低い演奏ですが、お楽しみください。

きっと、スランプはすべて「秋のせいだ!」

って事にして気軽に更新再開です(>∀<*)

| | コメント (7)

2006年9月17日 (日)

リスト「ため息」

Listenmp3_15

Franz Liszt/Trois études de concert, S144/R5 (No.3 'Un sospiro)

久し振りの登場となる
天才「リスト」巨匠です(ー_ー;)ドキドキする
作品に関して詳しくは >>こちら 過去の作品は >>こちら

この作品は「3つの演奏会用練習曲集」の1つとして有名です。
繊細で美しい曲しくて、そんでもってやっぱり..........
とっても難しい曲です (⌒_⌒;) リスト様で簡単な曲はなし!

ここのところ、かなり練習不足でしたし、芸術の秋なので
気合いを入れるつもりでチャレンジしてみました。

でも.......ご想像通り.......

ため息ばかり (⌒〜⌒;) トホホ


ネコ好きさんに朗報!
| ω・ )<「ねこぱんち」というネコ漫画で写真募集してます!
| ω・ )<「アイシア」でもネコ関連を色々と募集しているようです!

| | コメント (4)

2006年8月27日 (日)

シューマン「幻想曲/第3楽章」

Listenmp3_15

Schumann - Fantasy in C major, op.17 (3. Langsam getragen. Durchweg leise zu halten)

初登場の「シューマン」先生です(^^)b
先生について詳しくは >>こちら

今回もかなり緊張しております( ̄∇ ̄;)ドキドキ
こ、この曲は(_ _; )シューマン先生のファンはもとより、ロマン派のピアノ作品としても最も名曲と言われて親しまれています。しかも、各楽章にはドイツ語による速度表示がしてあり、第3楽章は「ゆるやかに演奏する。どこまでも穏やかに保つ」という指示が書かれています。(無理です)


なぜに、こんなに難しい曲を選んだかと言うと......
春頃に友人が彼氏と別れて、元カレの好きだった曲がコレだったそうです(最悪の男だ!)。彼女はこの曲を支えに今も忘れられない日々を送っているそうで........(ここまでは涙する話)。そういうセンチなエピソードを聞いているドサクサまぎれに何故か.....

「そんな訳で、やまねこでヨロシク」(゚∀゚*)
「えー??」Σ( ̄∇ ̄ノ)......意味がわからん!

まあ、シューマン先生はいつか加えようと思っていたので、
勉強と割り切って弾いてみました(_ _)........が!!


演奏はヽ(ー_ー )ノお手上げです!



| ω・ )<オススメのネコ・ブログ「アメショッす!」
    銀ちゃん&ラムちゃんの会話が最高★

| | コメント (8)

やまねこ〜ピアノ作品/デモデッサン-13〜

Listenmp3_15

やまねこの「13作目」です。

今年の夏も花火しなかったなぁ〜(〃_ _)σ‖イジイジ・・・
時々、花火大会に向かう浴衣カップルさん達を遠目に、イジケながらも微笑ましく眺めてました。(〜〜)これだけオープンになっている時代でも、恥ずかしそうにコッソリと手をつないでいました(*`∀´*)

そんな事を思い出しながら弾いてみました。

夏が終わりそうになると、少しセンチになりますよね。まだ暑い日が続いていますが、みなさんの今年の夏はどんな想い出を作られたでしょうか?

え?私ですか.......私の夏は.........

アイスを食べた想い出しかないですが、
なにか?(・ω・、)....スイカも食べたよ!


| | コメント (5)

2006年8月20日 (日)

みなさんにお願いです!

CDを探しています!


台湾の『Fiona Fung』というアーティスト
「Proud of you」
が収録されたCDを探しています。
日本国内(ネット)で購入できるサイトなどあれば
是非、是非、教えてください!
オネガイッ(・・人)(人・・)オネガイッ

とても美しくて素晴らしい曲です!!
「やまねこ」からの必死のお願いなのですーーー!

ペコm(_ _ m三m _ _)mペコ

下の映像の再生ボタンを押すとすぐ流れます。

音質のいいMP3はコチラから→聞けます。
(原曲の歌詞が読めます&いきなり曲が流れます)

夜空の絵本風Flashはコチラから→観れます。
(訳詩が音楽とリンクして綺麗/画面中央の開始ボタンをクリック

ちなみに、映像は映画「『猟奇的な彼女』に主演した
チョン・ジヒョンさんです(〜〜)音楽とは関係ありません。

| | コメント (6)

2006年8月18日 (金)

モーツァルト「ピアノソナタ17番」

Listenmp3_15

W.A. Mozart/ピアノ・ソナタ第17番(K.570)

久し振りのモーツァルト先生のピアノ・ソナタです( ̄▽ ̄*)
「きらきら星変奏曲」は、のだめカンタービレの影響で
沢山の方に聞いて頂けたようで嬉しいです(照)

そんな訳で、ここらでちょっとマイナーなソナタを(笑)
ピアノ・ファンの方には第2楽章が有名ですが
はっきりいって全然知名度がないので必死で弾きました。
ええ、なんといっても今回は・・・


全楽章=17分 ヽ(´▽`;)ノ 死ぬかと思った!


(*゚∀゚)<ところで!
モーツァルト様の曲にはピアノ・ソナタ○番とついていますが、資料やCDとかによって番号付けが違う場合があります。そこで、一番確実なのが「ケッヘル番号」と言われるものです。

モーツァルト様は自分の作品に整理番号をつけていませんでした。
そこで,植物学者でもあり、鉱物学者でもあり、何よりモーツァルトのマニアだった音楽研究家、『ルートヴィッヒ・フォン・ケッヘル(Ludwig von Kochel /Koechel-Verzeichnis)』という人が、モーツァルト様の作曲された年代順に作品を丁寧に整理して,番号をつけました。だから、モーツァルト様の作品にはケッヘルさんの名前を略した「KV」または「K」と書かれているものが付いています。だから、迷ったらこの
「KV」または「K」と番号』を探せば間違いありません。
(o^-^)b 勉強になりましたねー!


( ̄- ̄ 3)ヘ(▽ ̄*) また雑学で演奏ごまかしたね…

P.S
| ω・ )<RSS Podcasting「100位」ランクインしました(大感謝)

.

| | コメント (2)

やまねこ〜ピアノ作品/デモデッサン-12〜

Listenmp3_15

やまねこの「12作目」です。

この曲はハタチくらいの時に書いて、よくきまぐれに弾いていました。
それも真夏に作ったのをいまでもよく憶えています。
原曲はもっと長くて10分程度の変奏曲。

久し振りに思い出しながら弾いてみました(^^;

.

| | コメント (2)

2006年8月10日 (木)

バッハ「メヌエット2番」

Listenmp3_15

J.S.Bach/Aus dem zweiten Notenbuch der Anna Magdalena/BWV.Anh.114

懐かしい方も多いのではないでしょうか?(〜〜)
私はこの曲がとても好きで辛い事があるとよく弾いていました。この曲はバッハ先生が二人目の奥様(アンナマグダレーナ)に贈った「アンナ・マグダレーナ・バッハの音楽帳」の中の1曲です。

ところで!
皆様から沢山のアドバイスを頂き、ついに......

「のだめカンタービレ」を全巻購入!(おせー)
のだめ最高! \( ̄∀ ̄)/ 二ノ宮先生尊敬!!

「のだめ」を読んで驚きました。
なんというマニアックな楽曲セレクト(笑)
しかも、やまねこブログとの楽曲連動!←勘違い
もしや先生は私のファンですか?(゚∀゚*)←違うぞ

最近、放置してたのにリスナー数が4000人もこえたのは
きっと「のだめカンタービレ」のおかげです!

ピアノをはじめた頃の初心にもどって弾いてみました。
二ノ宮先生が聞いてくれると嬉しいなぁ〜と思いながら.......

「のだめ」のように小さい頃に
がんばってピアノを練習していた、
全ての方にこの作品を贈ります!


(* ̄▽ ̄*)ぎゃぼー!

| | コメント (0)

バッハ「2声のインベンション 2番」

Listenmp3_15

Inventions--15 Inventions a 2 voix/C minor, BWV773

ふっかーつ!ε=(ノ ̄∀ ̄)ノ
久し振りの更新です。さぼってましたが、何か?(汗)

今回は2作品連続更新。夏なので.....(意味不明)
古典派の巨匠大バッハ先生にしました!( ̄ー ̄)/

私はバッハ先生が好きだ!(´∀`*)(らぶ)
夏はカレーとアイスとバッハです。(さらに意味不明)

今回ご紹介する「インベンション」というのは、
お弟子さんの教育のために書かれたものです。
2声と3声という2種類あり、各15曲あります。

その2声の中でも個人的に好きな「ハ短調の第2番」です。
車とか電車の窓から眺める風景のように、美しくも
瞬間的に過ぎ去る可憐でビューティホー!な曲です!

そんなつもりで弾きましたが......|_・)チラ |彡サッ!
なまけていたら想像以上に指が動きませんでした。
さて、つっこみ入る前に........

それじゃー、次の曲いってみよー!
o(* ̄ー ̄)〇グッ♪o(* ̄∇ ̄)ノバーイ♪

| | コメント (4)

2006年7月23日 (日)

ブラーガ「天使のセレナーデ」

Listenmp3_15

G・BRAGA/La chanson pour Anna

初登場の「ブラーガ」先生です(^^)b
いや〜、今回はずいぶん探したのですが作曲家の詳しい
紹介ページが見つけられませんでした(汗)

つ、つまり・・・ナイナーな曲......(´∀`;)
いやいや、そんな失礼な!(やまねこ〜らしい選曲かも)
仮にも歴史に残る名曲に有名も無名も関係なーい!!(力み過ぎ)

私なりに(ネットで)調べてみました_〆(.. )
ブラーガ先生(Gaetano Braga/1829. 6. 9〜1907.11.20)は、イタリア出身の チェリスト&作曲家です。ナポリ音楽院で学んだ後、アメリカ、ヨーロッパを演奏旅行。その後は主にパリとロンドンに住み、演奏と作曲活動をしたそうです。

一番の出世作というか有名な作品は今回ご紹介している「天使のセレナーデ」です。原曲は、歌曲「ワラキアの伝説」で、天使の呼びかけを夢うつつに聞く、少女と枕元で心配そうに見守る母の対話の物語とのこと。なーるほど!(**)←自分で書いて自分で感心しているのはいかがなものか?

ちなみに、セレナーデ(Serenade)とは、小夜曲ともいわれますが、思いを寄せる女性の家の窓辺で夕べに歌い奏する音楽のことです(==)ニヤニヤ

そんな訳で(どんな?)
今回はご想像されている方も多いと思いますが・・・・

『天使の如く華麗』に飛んで逃げます!!

それ!〜〜〜〜〜〜⌒(*´∀`)⌒ パタパタパタ

|

2006年7月15日 (土)

ラヴェル「水の戯れ」

Listenmp3_15

(Maurice Ravel/Jeux d'eau

3度目の登場となるラヴェル様です(^^)b
その他の作品はこちらからどうぞ-->>GO!!!

毎日暑いですよね(;´∀`)

今回はあまりの暑さから、少しでも涼しくなって頂けたらと考えて無謀にもラヴェル先生の「水の戯れ」を選んでみました。何が無謀かというと・・・すんごく難しいのですよ(瀧汗)。だってこの作品は「噴水のような美しい水の動きを描いている」といわれています。詳しい作品紹介はこちら--->>「水の戯れ」

だから..........
弾く前から汗だくで.........(ー_ー;)
弾いてる時も汗だくで.........(⌒〜⌒;A
弾き終わって聞き直したら「冷や汗」.........( ̄_ ̄ i)タラー
でも、がむばったので聞いてください。

 

みなさんも暑さに負けず!
快適なサマータイムを!

(o ̄ー ̄)o今回は....『潜ります』
.。o○水。o○。o○。o○。o○(ノ゚▽゚)ノ.。o○ごぼごぼ〜

.

P.S
| ω・ )<ブログの女王!
眞鍋さんを応援してます
| ω・ )<ネコブログに1件新しい方が加わりました。

|

2006年7月 8日 (土)

ブラームス「愛のワルツ/作品39-15」

Listenmp3_15

Johannes Brahms/16Walzer, op.39 No.15 in A flat

初登場の「ブラームス」先生です(^▼^)
今回はとても短い曲です。先生に関して詳しい紹介は>>こちら
世界音楽史の中で、ドイツ作曲家として君臨し、3大B(大バッハ、ヴェートーベン、ブラームス)として名を残した偉大な巨匠であります( ̄∀ ̄;)←
ダッシュ準備中

それに加え、ピアニストとしても有名で、無口で勤勉で優しく、そして音楽には厳しい、作曲家だったそうです。また、過去に敬意を評し「新古典派」と呼ばれています_〆(.. )

ブラームス先生は、どーしても重厚というイメージがあったりします。しかたないですね。先生は、交響曲や協奏曲などのオーケストラ曲や室内楽の作品を多く残しているので。でも、中には純粋で優しい作品もあるのです。その中でも有名なこの「作品39」という16曲のワルツです。そして、さらにその中でも有名でウィーン風で明るく優しい小品が今回ご紹介する「作品39の15番」です。(o ̄∀ ̄)ノ

毎日暑い日々が続いていますが、リラックスして
眠りについてもらえたら・・・そんな気持ちで弾きました。

いつもよりちょっとだけ自分と他人に優しくなれば、
きっと誰も傷つけることはないと思うのです。
世界中の全ての人々が平和と幸福な眠りにつける事を祈ります!


PEACE !!!!!!


ってことで!
ピースなやまねこは、ウィーン風の軽やかな足取りで・・・

ダッシュで逃げまーす! ε=ε= ε= ┏( ・_・)┛


| | コメント (8)

2006年7月 1日 (土)

スカルラッティ「ソナタ〜田園〜」

Listenmp3_15

Domenico Scarlatti/Sonata in Dm, K.9, L.413

初登場の「スカルラッティ」先生です!(^▼^)
ビックリするくらい詳しい紹介は>>こちら

バロックの王様として君臨するバッハ様やヘンデル様に隠れていますが、スカルラッティ先生も巨匠であります。ただ、一般の方にはあまり知名度がないので、是非この機会に知って頂きたいと思って取り上げてみました(・∀・*)b

彼は音楽一家に生まれました。_〆(.. )
ソナタだけでも約550以上もの作品を残し、「即興の天才」として知られています。当然、ピアノの巨人達からも敬愛され、演奏されています。有名なところでは、ホロヴィッツ/シフ/ショコライ/チッコリーニなど数えきれません。しかし、技巧に走る事なく、心地よく繊細で眠れない夜に、ピッタリの音楽かもしれません。そんな訳で、今回は彼の作品中で私が最も好きな作品を、無謀にも弾いています。
| ω・ )<逃げる準備OK

7月になりました\(´▽`)/暑いですね。
きっともっと暑くなると思います(がんばれクーラーくん)
考えたら、今年はもう「半分終わった」のですね。後半戦です。
アイスやビールもほどほどに、体調にご注意ください!
(井村屋のあずきバーをくわえながらブログ書いてますけど)



ちなみに、世界のショパンコンクールで日本人初入選され
カレーのCMでお馴染みの中村紘子さんによれば・・・・
「スカルラッティの音楽はホロヴィッツのような
 名ピアニストを得て初めて蘇る」
と評されているそうです。

そんな事言われたら・・・

逃げるしかないじゃないですか! ε=ε= ┏( ・_・)┛

| | コメント (2)

2006年6月24日 (土)

エルガー「愛の挨拶」

Listenmp3_15

Edward Elgar/Salute d'amore

初登場となる「エルガー」先生です。
努力家で、愛妻家としても有名な方(* ̄∀ ̄)らぶ〜
詳しくは>>こちら 

どこかで耳にした事があるエルガー先生の
「威風堂々」と「愛の挨拶」は本当に名曲です。
そんなプレッシャーは完全に他人事として好き勝手に
弾いていますが、お許しくださいませ!

全国的に暑さも徐々に加速していますが、
冷たい飲み物を片手に気軽に聴いてください。
いや・・・ほんとに・・気軽に聴いてね( ̄∀ ̄;)

| | コメント (9)

2006年6月11日 (日)

アルベニス「タンゴ」

Listenmp3_15

Isaac Manuel Francisco Albeniz/tango(España, 6 hojas de album, Op.165-2)

初登場となる天才「アルベニス」先生です(^^)
詳しくは>>こちら
一般的にはあまり知られていないかもしれませんが、クラシックファンの方には有名ですよね。特に4歳でピアニストとしてデビューした神童としても有名。作品としてはスペイン近代ピアノ音楽の最高峰に位置する組曲「イベリア」です!しかし、イベリアは全4集、各3曲、計12曲からなるとんでもなく難しい組曲です。
当然、弾けません!(TヘT)/~白旗!

でも、私にもなんとか・・・という事で、比較的優しい曲として
全6曲構成による「組曲エスパーニャ」の中のタンゴという曲を
今回は取り上げてみました。でも、本当は優しくないですけどね(汗)

6月になって、雨も多くなってきました。憂鬱な気分になる事もあると思います。外出も減ったり、悲しい事を思い出したり、落ち込む事に拍車をかけるような時期ですよね。でも、もしかして1年の中でこの季節は、ほんの少しだけ「控えめに過ごす時間を大切に」と、神様が遠回しに伝えているのかもしれません。本を読んだり、音楽を聴いたり、大切な人との静かな時間を過ごしたり、ひとりのボ〜とした時間を、大切にしてみてください。雨音もきっとそんな舞台演出の1つなのかもしれません(^^)

そんなロマンチックな言葉を読んでいただいている合間に・・・
ダッシュでどこかのブログへ雨宿りに逃げ込みます!!

ビューーン!ε=ε=┏( ・_・)┛

| | コメント (5)

2006年5月27日 (土)

ショパン「ノクターン第2番」

Listenmp3_15

Fr. Chopin/Nocturnes 2 Es-dur Op.9-2

4回目の登場となる「ショパン大先生」(≧∀≦*)
しかもしかも!!今回は
ノクターンの中で最も有名な曲
絶対絶対演奏に突っ込みは入れないで!激しく落ち込みます。

ノクターンの創始者フィールド先生の影響を受けている
ショパン大先生の初期の作品ですが、ノクターンといえば
「第2番」というほど有名.......(o;TωT)o逃げる準備OK!

8分の6拍子と装飾音との戦いで、左手の暗譜なくして
こなせない曲ですが、きっと名演奏家にかかれば
以外にも楽に弾ける曲だそうです(うそだー!)

当然、私ではありませんが、
オススメのピアノ演奏のムービーは>>こちら


お気軽にお楽しみください!

いまのうちに、それ!〜〜〜〜〜〜⌒(*´∀`)⌒ パタパタパタ

 

p.s

個人的にすご〜く応援している「やわらか戦車」という
ネットアニメの新作が発表されました!>>GO!!!!!!!!

| | コメント (5)

2006年5月21日 (日)

やまねこ〜ピアノ作品/デモデッサン-11〜

Listenmp3_15

やまねこの「11作目」です。

なかなか寝付けない日ってありますよね?
不眠症というほど深刻ではないけれど、あれこれと考えているといつのまに朝になってしまう日。いつもより、ほんの少し心に負担がかかった日。自分の中のテンションがやけに低い日。そして、そんな時期と気分と季節の時。

大袈裟に考えると、世の中の騒がしさとは逆に
意味もなく理由もなくしょんぼりする夜(´・ω・`)

がんばらなくては・・・
いえ、わかっているのですけど o(;_ _)oアセアセ

そんな時によく弾く曲です。
誰かの何かのキッカケになれば幸いです(⌒_⌒)

P.S
(T ωT )<あうー、ネコになりた〜〜い!

| | コメント (4)

2006年5月20日 (土)

モーツァルト「きらきら星変奏曲」

Listenmp3_15

W.A.Mozart/12 Variationen uber ein franzosisches Lied 'Ah,vous dirai-je, maman' K.265(300e)

久し振りの登場となるモーツァルト様です(* ̄▽ ̄*)
そして、誰もが知っている有名な「きらきら星」です★

ピアノを弾いた事がある人はもちろんですが、学校の音楽の授業などで教材に取り上げられているので知らない人はいないと思います。実はですね、みなさんがご存知の「きらきら星」は元々フランスの歌なんです。それをモーツァルト先生がお弟子さんの為に手を加えて作られたのが今回ご紹介する「きらきら星変奏曲」です。

正式な曲名は「フランスの歌「ああ、お母さん聞いて」による12の変奏曲」で、その主題のフランスの歌は、若い娘が自分の好きな人の事を母に打ち明けようとする『恋の歌』で、1770年頃のパリでかなり流行していた曲のようです。だから本当はお星さまの歌ではなく、テーマは恋なんです。
もわ〜ん(((恋〜ヽ( ̄▽ ̄)ノ〜恋)))もわ〜ん

12の変奏曲というだけあって、最初の主題をあの手この手で色々な聞かせ方(弾き方)に変幻自在な表情で彩る作品となっています。私も勝手な変奏をさせたり、「かえるの歌」とか、遊ぶ事がよくあります。音楽ってこういう「遊び」がとても大切だということを改めて教えてくれる素晴らしい曲です。で・す・が・・・演奏はかなり遊び感覚で気軽に弾いているので怒らないでくださいね。

この作品は「きらきら星」というだけあって、対位法という技巧がそれこそ星のように散りばめられています。なんちって( ̄▽ ̄;) おいおい!

| | コメント (5)

2006年5月13日 (土)

シューベルト「即興曲 第3番」

Listenmp3_15

Franz Peter Schubert/Four Impromptus, D.899, Op.90-3

初登場の「シューベルト様」です( ̄▽ ̄*)
ピアノがお好きな方の必須作曲家ですよね。詳しくは >>こちら
ショパン、リスト、ベートーヴェン、モーツァルト、など
沢山有名な方がいますが、この方も巨匠中の巨匠です。
ファンや専門家のあいだでは『歌曲王』とよばれる程、
多くの素晴らしい歌曲を作り歴史に名を刻んでいます。
一般の方は、名前はよく聞くけどどんな曲があるか以外に
知られていないようなので取り上げてみました( ̄▽ ̄)ノ

私はあまり普段は弾かないのですが、じ〜んとする作品が多くて、聞いてため息つく専門です(__)改めて譜面を読んで弾いてみると、想像以上に難しかったです。
タイトルにもある『即興曲』というのは、即興演奏で作った曲というわけではなく、形式よりも「発想を重視してまとめられた小品」のことです。

ちなみに、 ケンプやホロヴィッツといったピアノの大家も大ファンだったそうです。そんな事を知ったら・・・・

当然!ダッシュで逃げます!
 ε=ε=┏( ・_・)┛

p.s
やまねこNo.10も公開しました。

| | コメント (7)

«やまねこ〜ピアノ作品/デモデッサン-10〜