« モーツァルト ピアノソナタ2番 | トップページ | ラヴェル「亡き王女のためのパヴァーヌ」 »

2006年1月 8日 (日)

やまねこハ長調とは?

Kenban2

この「やまねこハ長調」というのはなんぞや?
と思う人もいると思いますので簡単に説明しておきます。

■「やまねこハ長調」について
そもそも、私(やまねこ)が自ら眠れない夜に、ベッドサイドで流す為に癒し系の音楽を探していました。しかし、色々と探したにも関わらず満足できるものを見つけられませんでした。
こ の眠れない夜、というのは個人的に非常に心が切なくて傷ついて、強い音(フォルテッシモ)を受け付けなかったのです。どんなに有名な作曲家も売れている作 品も、どこかプレイヤーのエゴが含まれます。だからせめて、聴いている自分をもうひとりの自分(やまねこ)が癒してくれる音楽を作ってみようと思ったのが キッカケです。楽器はなんでもよかったのですが、静寂の部屋に響いてくれて優しく寄り添えるのはピアノだけかな?と感じました。勿論、シンセ(PAD系) 等も効果的ですが、何故か心に響かなかったのです。

んで!
そんな作品を数年前から時間のある時に、きまぐれに作るようにしていたら、知り合いの女性が同じ時期に何人か鬱病になったり、自殺未 遂したり、男性でも彼女と酷い別れ方をして、聞いているだけでも切ない事が沢山ありました。私はなんにも出来ませんでした。がんばれ!とか大丈夫?って言 葉は誰でも言えると思うのです。それならせめて、少しでも切ない夜を和らげる事はできないだろうか?と思ったのです。自分の作品がそんな力があるわけでも ないですが、それでも贈った方の中には涙を流しながら「ありがとう」と言ってくれました。

だから・・・
眠れない夜を過ごす全ての人達へ。
それが全てのキッカケであり、始まりであり、理由です。

■「やまねこハ長調」の音楽
ブログのタイトルに「やまねこハ長調」と書かれて いる作品が、基本的に「やまねこ〜」のオリジナル作品です。その他のクラシックの曲は、きまぐれに弾いているだけです。どうせならクラシックの曲をもっと 沢山の人に知ってもらうために、ピアノってこんなにイイものですよ!と思ってもらうために『ヘタな演奏』ですが、何かのキッカケになればと思って弾いてま す。

■「やまねこハ長調」の名前の由来
そんなに大袈裟なものではないですが、ネコが好きなんです(笑)
で、日本人が、いやいや私が音楽を聴いて安心できる音ってCメジャー(ハ長調)の音楽なんです。多分、学生時代にギターばっかり弾いていたせいだと思います。本来ピアノでしたらFとかDが響き的には美しいのですけどね(汗)
つーわけで、「ネコとC」をくっつけたのです。

そんな訳で、本職のピアニストでもなんでもないです。
幼少の頃にそれなりの教育を受けましたが、挫折して
大人になって改めて弾きだしたので自己流です(汗)
クラシックファンの皆様、ごめんなさい!
そんで、これからもヨロシクお願いします。


P.S
写真のネコをクリックすると、更に大きく表示されます!


|

« モーツァルト ピアノソナタ2番 | トップページ | ラヴェル「亡き王女のためのパヴァーヌ」 »