« やまねこ〜ピアノ作品/デモデッサン-10〜 | トップページ | モーツァルト「きらきら星変奏曲」 »

2006年5月13日 (土)

シューベルト「即興曲 第3番」

Listenmp3_15

Franz Peter Schubert/Four Impromptus, D.899, Op.90-3

初登場の「シューベルト様」です( ̄▽ ̄*)
ピアノがお好きな方の必須作曲家ですよね。詳しくは >>こちら
ショパン、リスト、ベートーヴェン、モーツァルト、など
沢山有名な方がいますが、この方も巨匠中の巨匠です。
ファンや専門家のあいだでは『歌曲王』とよばれる程、
多くの素晴らしい歌曲を作り歴史に名を刻んでいます。
一般の方は、名前はよく聞くけどどんな曲があるか以外に
知られていないようなので取り上げてみました( ̄▽ ̄)ノ

私はあまり普段は弾かないのですが、じ〜んとする作品が多くて、聞いてため息つく専門です(__)改めて譜面を読んで弾いてみると、想像以上に難しかったです。
タイトルにもある『即興曲』というのは、即興演奏で作った曲というわけではなく、形式よりも「発想を重視してまとめられた小品」のことです。

ちなみに、 ケンプやホロヴィッツといったピアノの大家も大ファンだったそうです。そんな事を知ったら・・・・

当然!ダッシュで逃げます!
 ε=ε=┏( ・_・)┛

p.s
やまねこNo.10も公開しました。

|

« やまねこ〜ピアノ作品/デモデッサン-10〜 | トップページ | モーツァルト「きらきら星変奏曲」 »

コメント

待て待て待て~~~☆
( -_-)o~~~~\____(;/~_~)/)))ズルズル

シューベルトキター!!!!

あぁ、これ中学生のとき弾きましたよ。
ペダルに苦労したんです。。。(涙

やまねこさんの演奏される曲は
どれも懐かしいものばかりです。
そして、いろいろ心残りなものばっか(笑)
今演奏すると、もっと
違うものになるかなぁなんて
ぼんやり考えながら聴かせていただきました
...って、もうまったく弾けないだろっ←一人突っ込み

これからも更新楽しみにしていますっ(^・^)ノ

投稿: 赤ウサギ | 2006年5月15日 (月) 11時13分

やまねこさんへ

カリコロえぶりでぃの カリコロママです。
ほくちゃんの 尻尾の事で 落ち込んでいましたが
少しずつ ブログも更新していきたいと思ってます。
それと、リンクありがとうございました!
また、見守っていってくださいね!!

投稿: カリコロママ | 2006年5月15日 (月) 16時15分

>赤ウサギさん
なんで捕まえるんですか!やめてください!!!(笑)
シューベルトねぇ〜(==)いやー難しいです。
全部そうだけど、メロが歌ってないと成立しない楽曲ばかりで
つい余計な力が入り泣きをみる!(反省)懐かしい曲という
ことですが、ネタがなくなったら
ツェルニーでにげるかもよ(笑)

>カリコロママさん
わざわざお越しいただき、コメントを残して頂き
ありがとうございます(^^)私は実家にいた頃、20年間で
5匹の代かえで一緒でした。2代目だけ重い病気で泣きながら
獣医さんに通った想い出があります。最後はネコが家出しました。
少しでも長く、そして幸せな時間を過ごせる事を祈っています。

投稿: やまねこ | 2006年5月15日 (月) 23時45分

はじめまして
会社のパソコンでしかネットできなくて
たまたま見にきたらすばらしいページですね!

感動しました。
なんでそんなにたくさん弾けるんですか?
私も、ちょっとずつ練習して
父とかに聞かせたりしています
父だけが感動してくれる相手 笑

またどんどんききに来ます
今はノクターンの27の2を練習しようとしています

早い上達方法を教えてください
いくら練習してもなかなか上達しないんです!!!

レパートリー増やしたいです 泣

投稿: まさみ | 2006年6月10日 (土) 12時52分

>まさみ さん
コメントありがとうございます。
か、感動はオーバーですよ(汗)

まさみさんも弾かれるのですね。
なにごとも楽しみながら続けるのが大切だと思います。なんでそんなに沢山弾けるのか?というご質問ですが、私もプロの演奏家に同じ質問をしたいです(笑)もしかしたら、ピアノを全く弾けない人も、まさみさんに対して同じ質問をするかもしれません。お分かりですよね?練習しているからです。色々な曲を弾ける事よりも1曲を上手に丁寧に心を込めて弾けるようになうることが、上達の近道だと思います。その為に、指使いに必要な練習もあれば、演奏家の歴史を眺めたり、譜面から多くの事を読み取る事も大切だと思います、大作は小品が弾きこなせなければ、弾けないと思います。弾く事ができても、感動させるには技術よりも大切な事だと思います。

早い上達方法になるかわかりませんが、私は最低限の演奏技術を身につけた後は、ひたすら譜読みに時間を費やしました。その後は、暗譜ですね。それから、今でも大切に守っているのは、ゆっくり演奏すること。間違ってもヘタでもつまずきながらでも、テンポも時には無視してでも、弾き始めたら最後まで演奏することをこころがけています。そうすることで、全体をとらえるイメージが早くなります。それから、部分的な演奏をします。長い演奏時間のソナタなど、いつまでも上達しない所に固執して完璧な演奏をめざしていたら、いつまでたっても満足した演奏にならないと思います。だから、ある程度弾いて、満足したら放置します。最悪諦めます(笑)私はなんでも弾けると思っているようですが、全く手も足もでない難曲や優しくても満足できない曲は沢山あります(^^;お互い、楽しみながらがんばりましょう!

投稿: やまねこ | 2006年6月11日 (日) 08時36分

昨夜は早く寝たのですが、今夜は眠れずに起きています。
この曲って奇麗なだけでもいいんですけど、私はやまねこさんのように少し翳りのある弾きかたの方が好きです。
少し前に弦楽五重奏曲ハ長調 D.956 にはまりました。確か、もう自分の死が近い事を知っていたはずで、それを思うと第二楽章の急な嵐のような展開も何かを感じずにはいられませんでした。
今夜もありがとうございます。

投稿: くま | 2006年7月 6日 (木) 02時02分

>くまさん
寝る前に聞いてくれる方が最近多くなってきたので
本当に嬉しいです(^^)落ち着いて眠れるように
今後も努力いたしますm(_ _)m

投稿: やまねこ | 2006年7月 8日 (土) 04時13分

この記事へのコメントは終了しました。

« やまねこ〜ピアノ作品/デモデッサン-10〜 | トップページ | モーツァルト「きらきら星変奏曲」 »