« ラヴェル「水の戯れ」 | トップページ | バッハ「2声のインベンション 2番」 »

2006年7月23日 (日)

ブラーガ「天使のセレナーデ」

Listenmp3_15

G・BRAGA/La chanson pour Anna

初登場の「ブラーガ」先生です(^^)b
いや〜、今回はずいぶん探したのですが作曲家の詳しい
紹介ページが見つけられませんでした(汗)

つ、つまり・・・ナイナーな曲......(´∀`;)
いやいや、そんな失礼な!(やまねこ〜らしい選曲かも)
仮にも歴史に残る名曲に有名も無名も関係なーい!!(力み過ぎ)

私なりに(ネットで)調べてみました_〆(.. )
ブラーガ先生(Gaetano Braga/1829. 6. 9〜1907.11.20)は、イタリア出身の チェリスト&作曲家です。ナポリ音楽院で学んだ後、アメリカ、ヨーロッパを演奏旅行。その後は主にパリとロンドンに住み、演奏と作曲活動をしたそうです。

一番の出世作というか有名な作品は今回ご紹介している「天使のセレナーデ」です。原曲は、歌曲「ワラキアの伝説」で、天使の呼びかけを夢うつつに聞く、少女と枕元で心配そうに見守る母の対話の物語とのこと。なーるほど!(**)←自分で書いて自分で感心しているのはいかがなものか?

ちなみに、セレナーデ(Serenade)とは、小夜曲ともいわれますが、思いを寄せる女性の家の窓辺で夕べに歌い奏する音楽のことです(==)ニヤニヤ

そんな訳で(どんな?)
今回はご想像されている方も多いと思いますが・・・・

『天使の如く華麗』に飛んで逃げます!!

それ!〜〜〜〜〜〜⌒(*´∀`)⌒ パタパタパタ

|

« ラヴェル「水の戯れ」 | トップページ | バッハ「2声のインベンション 2番」 »