« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月27日 (日)

シューマン「幻想曲/第3楽章」

Listenmp3_15

Schumann - Fantasy in C major, op.17 (3. Langsam getragen. Durchweg leise zu halten)

初登場の「シューマン」先生です(^^)b
先生について詳しくは >>こちら

今回もかなり緊張しております( ̄∇ ̄;)ドキドキ
こ、この曲は(_ _; )シューマン先生のファンはもとより、ロマン派のピアノ作品としても最も名曲と言われて親しまれています。しかも、各楽章にはドイツ語による速度表示がしてあり、第3楽章は「ゆるやかに演奏する。どこまでも穏やかに保つ」という指示が書かれています。(無理です)


なぜに、こんなに難しい曲を選んだかと言うと......
春頃に友人が彼氏と別れて、元カレの好きだった曲がコレだったそうです(最悪の男だ!)。彼女はこの曲を支えに今も忘れられない日々を送っているそうで........(ここまでは涙する話)。そういうセンチなエピソードを聞いているドサクサまぎれに何故か.....

「そんな訳で、やまねこでヨロシク」(゚∀゚*)
「えー??」Σ( ̄∇ ̄ノ)......意味がわからん!

まあ、シューマン先生はいつか加えようと思っていたので、
勉強と割り切って弾いてみました(_ _)........が!!


演奏はヽ(ー_ー )ノお手上げです!



| ω・ )<オススメのネコ・ブログ「アメショッす!」
    銀ちゃん&ラムちゃんの会話が最高★

| | コメント (8)

やまねこ〜ピアノ作品/デモデッサン-13〜

Listenmp3_15

やまねこの「13作目」です。

今年の夏も花火しなかったなぁ〜(〃_ _)σ‖イジイジ・・・
時々、花火大会に向かう浴衣カップルさん達を遠目に、イジケながらも微笑ましく眺めてました。(〜〜)これだけオープンになっている時代でも、恥ずかしそうにコッソリと手をつないでいました(*`∀´*)

そんな事を思い出しながら弾いてみました。

夏が終わりそうになると、少しセンチになりますよね。まだ暑い日が続いていますが、みなさんの今年の夏はどんな想い出を作られたでしょうか?

え?私ですか.......私の夏は.........

アイスを食べた想い出しかないですが、
なにか?(・ω・、)....スイカも食べたよ!


| | コメント (5)

2006年8月26日 (土)

やまねこ商店拡大オープン!

お知らせで〜〜す!(〜〜)
以前から楽譜に関する質問を頂いていました。
でも、いきなり本格的なのはムリですよね(^^;

そこで!
初めてピアノを始める方〜昔ピアノを習っていた方まで、
楽しみながらピアノが弾ける教材(楽譜)を集めてみました。

作品もバリエーション豊富で、CD付きのものもあります。
どさくさまぎれに『ネコ映画の最高傑作DVD』もご紹介(^^)
その他、マンガ/DVD/ピアノCD/ネコ雑誌/癒しグッズなど。
画面左側の「やまねこ音楽専門店」をクリックするか
下の巨大な文字をクリックしてください(照)
 ↓
 ↓       
やまねこ商店「店舗拡大」オープン!
ヤッター!ヽ(⌒▽⌒ヽ)♪ヽ(⌒▽⌒)/♪(/⌒▽⌒)/♪ヤッター!


p.s-1 ブログ仲間のくまさんにアドバイスを頂きました。
p.s-2 最近、ブログ仲間のクワさんの脱力日記が面白いです。
p.s-3 どうやら探しているFiona Fungはアルバムを出していない事が判明!

| | コメント (6)

2006年8月20日 (日)

みなさんにお願いです!

CDを探しています!


台湾の『Fiona Fung』というアーティスト
「Proud of you」
が収録されたCDを探しています。
日本国内(ネット)で購入できるサイトなどあれば
是非、是非、教えてください!
オネガイッ(・・人)(人・・)オネガイッ

とても美しくて素晴らしい曲です!!
「やまねこ」からの必死のお願いなのですーーー!

ペコm(_ _ m三m _ _)mペコ

下の映像の再生ボタンを押すとすぐ流れます。

音質のいいMP3はコチラから→聞けます。
(原曲の歌詞が読めます&いきなり曲が流れます)

夜空の絵本風Flashはコチラから→観れます。
(訳詩が音楽とリンクして綺麗/画面中央の開始ボタンをクリック

ちなみに、映像は映画「『猟奇的な彼女』に主演した
チョン・ジヒョンさんです(〜〜)音楽とは関係ありません。

| | コメント (6)

2006年8月18日 (金)

モーツァルト「ピアノソナタ17番」

Listenmp3_15

W.A. Mozart/ピアノ・ソナタ第17番(K.570)

久し振りのモーツァルト先生のピアノ・ソナタです( ̄▽ ̄*)
「きらきら星変奏曲」は、のだめカンタービレの影響で
沢山の方に聞いて頂けたようで嬉しいです(照)

そんな訳で、ここらでちょっとマイナーなソナタを(笑)
ピアノ・ファンの方には第2楽章が有名ですが
はっきりいって全然知名度がないので必死で弾きました。
ええ、なんといっても今回は・・・


全楽章=17分 ヽ(´▽`;)ノ 死ぬかと思った!


(*゚∀゚)<ところで!
モーツァルト様の曲にはピアノ・ソナタ○番とついていますが、資料やCDとかによって番号付けが違う場合があります。そこで、一番確実なのが「ケッヘル番号」と言われるものです。

モーツァルト様は自分の作品に整理番号をつけていませんでした。
そこで,植物学者でもあり、鉱物学者でもあり、何よりモーツァルトのマニアだった音楽研究家、『ルートヴィッヒ・フォン・ケッヘル(Ludwig von Kochel /Koechel-Verzeichnis)』という人が、モーツァルト様の作曲された年代順に作品を丁寧に整理して,番号をつけました。だから、モーツァルト様の作品にはケッヘルさんの名前を略した「KV」または「K」と書かれているものが付いています。だから、迷ったらこの
「KV」または「K」と番号』を探せば間違いありません。
(o^-^)b 勉強になりましたねー!


( ̄- ̄ 3)ヘ(▽ ̄*) また雑学で演奏ごまかしたね…

P.S
| ω・ )<RSS Podcasting「100位」ランクインしました(大感謝)

.

| | コメント (2)

やまねこ〜ピアノ作品/デモデッサン-12〜

Listenmp3_15

やまねこの「12作目」です。

この曲はハタチくらいの時に書いて、よくきまぐれに弾いていました。
それも真夏に作ったのをいまでもよく憶えています。
原曲はもっと長くて10分程度の変奏曲。

久し振りに思い出しながら弾いてみました(^^;

.

| | コメント (2)

2006年8月10日 (木)

バッハ「メヌエット2番」

Listenmp3_15

J.S.Bach/Aus dem zweiten Notenbuch der Anna Magdalena/BWV.Anh.114

懐かしい方も多いのではないでしょうか?(〜〜)
私はこの曲がとても好きで辛い事があるとよく弾いていました。この曲はバッハ先生が二人目の奥様(アンナマグダレーナ)に贈った「アンナ・マグダレーナ・バッハの音楽帳」の中の1曲です。

ところで!
皆様から沢山のアドバイスを頂き、ついに......

「のだめカンタービレ」を全巻購入!(おせー)
のだめ最高! \( ̄∀ ̄)/ 二ノ宮先生尊敬!!

「のだめ」を読んで驚きました。
なんというマニアックな楽曲セレクト(笑)
しかも、やまねこブログとの楽曲連動!←勘違い
もしや先生は私のファンですか?(゚∀゚*)←違うぞ

最近、放置してたのにリスナー数が4000人もこえたのは
きっと「のだめカンタービレ」のおかげです!

ピアノをはじめた頃の初心にもどって弾いてみました。
二ノ宮先生が聞いてくれると嬉しいなぁ〜と思いながら.......

「のだめ」のように小さい頃に
がんばってピアノを練習していた、
全ての方にこの作品を贈ります!


(* ̄▽ ̄*)ぎゃぼー!


P.S
以下のアマゾンから最新刊がいつでも買えます!CDもあるよ

| | コメント (0)

バッハ「2声のインベンション 2番」

Listenmp3_15

Inventions--15 Inventions a 2 voix/C minor, BWV773

ふっかーつ!ε=(ノ ̄∀ ̄)ノ
久し振りの更新です。さぼってましたが、何か?(汗)

今回は2作品連続更新。夏なので.....(意味不明)
古典派の巨匠大バッハ先生にしました!( ̄ー ̄)/

私はバッハ先生が好きだ!(´∀`*)(らぶ)
夏はカレーとアイスとバッハです。(さらに意味不明)

今回ご紹介する「インベンション」というのは、
お弟子さんの教育のために書かれたものです。
2声と3声という2種類あり、各15曲あります。

その2声の中でも個人的に好きな「ハ短調の第2番」です。
車とか電車の窓から眺める風景のように、美しくも
瞬間的に過ぎ去る可憐でビューティホー!な曲です!

そんなつもりで弾きましたが......|_・)チラ |彡サッ!
なまけていたら想像以上に指が動きませんでした。
さて、つっこみ入る前に........

それじゃー、次の曲いってみよー!
o(* ̄ー ̄)〇グッ♪o(* ̄∇ ̄)ノバーイ♪

| | コメント (4)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »