« やまねこ〜ピアノ作品/デモデッサン-15〜 | トップページ | バッハ「2声のインベンション 13番」 »

2006年11月 7日 (火)

バッハ「フランス組曲 2番」

Listenmp3_15

J.S.Bach/Französische Suite No. 2 c-moll BWV 813

久し振りの大バッハ巨匠の作品でございまする(*`∀´*)
はっきりいって、スランプは抜けていません!できません。
弾けません、わかりません、何もでてきませーーん!
そんな時は、困った時の神頼みのごとく!
原点回帰ならぬ「バロック回帰」です。( ̄∀ ̄;)初心に戻れです!

この作品は、バッハ巨匠が2回目に結婚された奥様との
アツアツ(37歳)の頃に作られた名曲「フランス組曲 第2番」です。
フランス組曲は全部で6つあります。タイトルはバッハ巨匠が
つけたものではなく、後々に「フランスっぽい」ということで
付けられたそうです(てきとーだなー)
だから、「アンナ・マグダレーナのための小曲集」に収録されてます。

奥様の趣味も加わったバロック的作品であり、歴史的にも
名曲の1つとして長い年月受け継がれている素晴らしい曲。
本来のテンポより早めに弾いていますが、5部構成の最後の
Gigue(ジーク)は泣ける程に難しいです。

毎度、へなちょこ演奏ですが秋の夜中にバロックに浸ってみませんか?
当然、その合間に............(久し振りに)..........

フランス風の足取りで.........
逃げます!ε=ε=ε=ε=┏(; ̄∇ ̄)┛

|

« やまねこ〜ピアノ作品/デモデッサン-15〜 | トップページ | バッハ「2声のインベンション 13番」 »

コメント

いつも思うのですが、クラシックの曲には、このフランス組曲のように"名前"がつきますよね。
これは誰が名付け親なのでしょうか?^^; 作曲家、曲によって名付け親が違うのかもしれませんが。

投稿: sequencek | 2006年11月17日 (金) 20時40分

>sequencekさん
クラシックの曲名は、大きく分けて本人がつける場合と、他人が勝手に付ける場合があります。他人の場合は、研究家など多種多様で特にコノ人、という決まりはありません。恐らく楽曲の権利を保有している人や影響力などある方等によってつけられているようです。

投稿: やまねこ | 2006年11月20日 (月) 10時45分

おはようございます。
バッハって偶にしか聴かないのですが、やはりいいですね。
好き嫌いで言うとロマン派の方が好きなくせに、バッハを聴いていると「音楽だ・・・」という思いがしてきます。
自分自身でも不思議です。
楽譜、買えてますか? アフィリエイトだけではなかなか買えないかも知れないので、探している楽譜があれば、(クラシックで著作権の切れた)無料楽譜を探しますよ(^^)。

投稿: くま | 2006年11月24日 (金) 08時02分

>くまさん
いつもコメントありがとうございます(〜〜)
個人的にバロック期は学問のイメージが強いですね。
だからこそ初心に戻る、という意味でさわるのかもしれません。
楽譜は大丈夫です。お気遣い感謝いたします。

投稿: やまねこ | 2006年11月24日 (金) 12時27分

この記事へのコメントは終了しました。

« やまねこ〜ピアノ作品/デモデッサン-15〜 | トップページ | バッハ「2声のインベンション 13番」 »