2006年12月10日 (日)

モーツァルト「トルコ行進曲」

Listenmp3_15

W.A.Mozart/Piano Sonata No.11(K. 331/ 3.Rondo Alla Turca: Allegretto)

ついにモーツァルト様の数ある有名曲「トルコ行進曲」です。
勢いです。完全に勢いだけで弾いています。人生勢いです(てへ)

この作品は正確には「ピアノ・ソナタ第11番の第3楽章」です。なぜにトルコなのかというと、この第3楽章は「アラ・トゥルカ(トルコ風に)」と記されていたことからこの名称で親しまれるようになりました。4分の2拍子で軽快な感じですが、当時流行していた東方風のスタイルの影響を受けているようです。

そんな訳で12月です|ー ̄)...毎日寒いです。

今年もあとわずかですが、学校、会社、バイト、家事、おつきあい、とか色々とまだまだ忙しい日々が続いている事だと思います(ですよね?)。しかーし、そこは現代人たるもの負けてはいられない世の中です。そんなみなさまの為に、抵当に心を込めて......応援歌のつもりで弾いてみました!

年末、お正月はもうすぐです!
とにかくガンバりましょう!


♪ヾ( ̄∀ ̄ゞ))..( シ ̄∀ ̄)ツ_フレー♪

P.S
カゼにはくれぐれもご注意ください

| | コメント (3)

2006年8月18日 (金)

モーツァルト「ピアノソナタ17番」

Listenmp3_15

W.A. Mozart/ピアノ・ソナタ第17番(K.570)

久し振りのモーツァルト先生のピアノ・ソナタです( ̄▽ ̄*)
「きらきら星変奏曲」は、のだめカンタービレの影響で
沢山の方に聞いて頂けたようで嬉しいです(照)

そんな訳で、ここらでちょっとマイナーなソナタを(笑)
ピアノ・ファンの方には第2楽章が有名ですが
はっきりいって全然知名度がないので必死で弾きました。
ええ、なんといっても今回は・・・


全楽章=17分 ヽ(´▽`;)ノ 死ぬかと思った!


(*゚∀゚)<ところで!
モーツァルト様の曲にはピアノ・ソナタ○番とついていますが、資料やCDとかによって番号付けが違う場合があります。そこで、一番確実なのが「ケッヘル番号」と言われるものです。

モーツァルト様は自分の作品に整理番号をつけていませんでした。
そこで,植物学者でもあり、鉱物学者でもあり、何よりモーツァルトのマニアだった音楽研究家、『ルートヴィッヒ・フォン・ケッヘル(Ludwig von Kochel /Koechel-Verzeichnis)』という人が、モーツァルト様の作曲された年代順に作品を丁寧に整理して,番号をつけました。だから、モーツァルト様の作品にはケッヘルさんの名前を略した「KV」または「K」と書かれているものが付いています。だから、迷ったらこの
「KV」または「K」と番号』を探せば間違いありません。
(o^-^)b 勉強になりましたねー!


( ̄- ̄ 3)ヘ(▽ ̄*) また雑学で演奏ごまかしたね…

P.S
| ω・ )<RSS Podcasting「100位」ランクインしました(大感謝)

.

| | コメント (2)

2006年5月20日 (土)

モーツァルト「きらきら星変奏曲」

Listenmp3_15

W.A.Mozart/12 Variationen uber ein franzosisches Lied 'Ah,vous dirai-je, maman' K.265(300e)

久し振りの登場となるモーツァルト様です(* ̄▽ ̄*)
そして、誰もが知っている有名な「きらきら星」です★

ピアノを弾いた事がある人はもちろんですが、学校の音楽の授業などで教材に取り上げられているので知らない人はいないと思います。実はですね、みなさんがご存知の「きらきら星」は元々フランスの歌なんです。それをモーツァルト先生がお弟子さんの為に手を加えて作られたのが今回ご紹介する「きらきら星変奏曲」です。

正式な曲名は「フランスの歌「ああ、お母さん聞いて」による12の変奏曲」で、その主題のフランスの歌は、若い娘が自分の好きな人の事を母に打ち明けようとする『恋の歌』で、1770年頃のパリでかなり流行していた曲のようです。だから本当はお星さまの歌ではなく、テーマは恋なんです。
もわ〜ん(((恋〜ヽ( ̄▽ ̄)ノ〜恋)))もわ〜ん

12の変奏曲というだけあって、最初の主題をあの手この手で色々な聞かせ方(弾き方)に変幻自在な表情で彩る作品となっています。私も勝手な変奏をさせたり、「かえるの歌」とか、遊ぶ事がよくあります。音楽ってこういう「遊び」がとても大切だということを改めて教えてくれる素晴らしい曲です。で・す・が・・・演奏はかなり遊び感覚で気軽に弾いているので怒らないでくださいね。

この作品は「きらきら星」というだけあって、対位法という技巧がそれこそ星のように散りばめられています。なんちって( ̄▽ ̄;) おいおい!

| | コメント (5)

2006年4月 2日 (日)

モーツァルト ピアノソナタ(ピアノのためのロンド)

Listenmp3_15

W.A. Mozart/ピアノ・ソナタ(ピアノのためのロンド/K.494)

モーツァルト先生の隠れた名曲です( ̄▽ ̄*)
この作品はK533の続編として存在する第3楽章です!

つまり、「ロンド(K.494)」の前に
「アレグロとアンダンテ」K.533をおき、
この作品全体を「ピアノソナタ」と呼びます(^^)
だからよく作品紹介の時にはK.533&K.494と書かれています。
ちなみに、「ロンド」っていうのは音楽スタイルのようなものです。
例:小ロンド形式(Aメロ+Bメロ+Aメロ+Cメロ+Aメロ)

にわか仕込みのクラシック知識講座で、演奏は
お茶をにごしてみました。~~旦_(゚▽゚*)

.

| | コメント (2)

2006年2月26日 (日)

モーツァルト ピアノソナタ13番

Listenmp3_15

W.A. Mozart/ピアノ・ソナタ第13番(K.333)
久し振りにフルで弾いてます└( ̄▽ ̄*)

もんの凄く久し振りに弾いたんですよ。
んで、改めて譜面を見たら、恐ろしく難しい事に
弾いてる最中に気がついて・・・(T∀T;)ダメじゃん
こんなの弾いてた時期があったのですね、わたし。

でも、まあ、なんというか、めげずに・・・
うまくごまかして弾いてます(*´∇`*)てへ

細かい突っ込みはやめましょうね。荒さがしはダメですよ。
立派な大人になれませんよ
o(´∇`)o ←それがあなたです!

ちなみに、15分27秒もあります(汗)

| | コメント (7)

2006年2月20日 (月)

モーツァルト ピアノソナタ4番 第1楽章

Listenmp3_14

W.A. Mozart/ピアノ・ソナタ第4番 第1楽章(K.282)
なぜに第1楽章のみかというと第2以降が好きではないからです(汗)

今回は比較的早めに弾きました。
ゆっくり優しく弾ければいいのですが、
でも、それだと荒が目立つので...
ヘタな演奏がバレバレ......orz

ただ、譜面を出来るだけ無視して「強い音」を排除するように
心がけて弾いています。

そういえば、モーツァルト好きの人以外は、
あまり第4なんて知らないかもしれないので、
これを機会に知って頂けたら幸いです。
いいCDが沢山でてますしね(^^)

演奏は、なんとなく、自分に語りかけるように、
落ち着かせるように弾いています。
焦らず、慌てず、欲張らず・・・
大丈夫、大丈夫、そんなに無理しなくても、大丈夫だから。
そんな気分で自問自答しながらって感じです(^^;

| | コメント (4)

2006年2月12日 (日)

モーツァルト ピアノソナタ16番

Listenmp3_1
W.A. Mozart/ピアノ・ソナタ第16番(K279)

再びモーツァルト先生の登場です。

今年はアニバーサリーなので多めにアップします(〜〜)

一応、全編フルで弾いてみました。
今回は長いです。11分あります。気長に聞いてください。

Allegroはやはり開放的で緩急が非常に難しいです。
演奏は相変わらず雑ですが
トリルは注意して弾いてみました。

他の作品でもリクとかあればコメントに書いてください。
弾けたら弾いてみます(==;

更新はだいたい1〜2週間に1曲のペースだと思います。
でも、きまぐれなので自分でもよくわかってないですし、レパートリーも少ないので気が向いたら覗いてみてください(^^)

| | コメント (0)

2006年1月 2日 (月)

モーツァルト ピアノソナタ2番

Listenmp3_1

W.A. Mozart/ピアノ・ソナタ第2番(K330)
難しいですが、全編弾いてみました。後半は
半分やけくそです(汗)
最後の和音は冗談半分で鍵盤にエルボーしました(本当)

|