2006年7月 8日 (土)

ブラームス「愛のワルツ/作品39-15」

Listenmp3_15

Johannes Brahms/16Walzer, op.39 No.15 in A flat

初登場の「ブラームス」先生です(^▼^)
今回はとても短い曲です。先生に関して詳しい紹介は>>こちら
世界音楽史の中で、ドイツ作曲家として君臨し、3大B(大バッハ、ヴェートーベン、ブラームス)として名を残した偉大な巨匠であります( ̄∀ ̄;)←
ダッシュ準備中

それに加え、ピアニストとしても有名で、無口で勤勉で優しく、そして音楽には厳しい、作曲家だったそうです。また、過去に敬意を評し「新古典派」と呼ばれています_〆(.. )

ブラームス先生は、どーしても重厚というイメージがあったりします。しかたないですね。先生は、交響曲や協奏曲などのオーケストラ曲や室内楽の作品を多く残しているので。でも、中には純粋で優しい作品もあるのです。その中でも有名なこの「作品39」という16曲のワルツです。そして、さらにその中でも有名でウィーン風で明るく優しい小品が今回ご紹介する「作品39の15番」です。(o ̄∀ ̄)ノ

毎日暑い日々が続いていますが、リラックスして
眠りについてもらえたら・・・そんな気持ちで弾きました。

いつもよりちょっとだけ自分と他人に優しくなれば、
きっと誰も傷つけることはないと思うのです。
世界中の全ての人々が平和と幸福な眠りにつける事を祈ります!


PEACE !!!!!!


ってことで!
ピースなやまねこは、ウィーン風の軽やかな足取りで・・・

ダッシュで逃げまーす! ε=ε= ε= ┏( ・_・)┛


| | コメント (8)