2006年12月16日 (土)

シューマン「子供の情景/トロイメライ」

Listenmp3_15

R.A.Schumann/Träumerei(Kinderszenen op.15)

久し振りの登場となる「シューマン先生」です(^^)b
>>過去記事
この作品は有名な「子供の情景」という作品集に収録されている「トロイメライ」という短い小曲です。題名はピンとこないかもしれませんが、聞いて頂ければすぐにわかるくらい有名なピアノ曲です。
( ̄∇ ̄;)ドキドキ
トロイメライとはドイツ語の「トラウム(夢)」から名付けられ、「夢みごこち」といった意味だそうです。

今回は非常に珍しく、作品の譜面をネットで詳しく解説しているサイトを見つけました。ピアノを練習されている方等は総譜と一緒にご覧頂けると参考になると思います(初心者の方でも弾けますよー)
★シューマンの『トロイメライ』>>譜面解説サイト

(*`∀´*)シューマン先生はピアニストで世に出てこられた方らしく、かの著名なピアニスト「ショパン様」の才能をいち早く見出した方です。「諸君、脱帽したまえ、天才だ!」という名言が残されてます。その他にも、メンデルスゾーンを擁護し、若き日のブラームスを発掘、また、ベルリオーズをドイツに紹介、シューベルトの器楽曲を賞賛し『大ハ長調交響曲』を発見、バッハ全集の出版を呼びかけるなど、ドイツ音楽の地位向上と忘れ去られていた過去のドイツ音楽の名作の再評価に決定的な役割を果たした偉大な方でもあります。

自宅にブラームスがいきなりやってきて演奏したらしいですから、それだけでも凄いと思うのですが、その場の演奏で才能を理解できたシューマン先生も偉大ですね!(T"T)
ちなみに、シューマン先生のお気に入りは、バッハ様、ベートーヴェン様、シューベルト様、だったそうです。そんな話を聞いたら・・・当然....演奏は!

堂々ヽ( ̄^ ̄)ノ降参!

| | コメント (4)

2006年8月27日 (日)

シューマン「幻想曲/第3楽章」

Listenmp3_15

Schumann - Fantasy in C major, op.17 (3. Langsam getragen. Durchweg leise zu halten)

初登場の「シューマン」先生です(^^)b
先生について詳しくは >>こちら

今回もかなり緊張しております( ̄∇ ̄;)ドキドキ
こ、この曲は(_ _; )シューマン先生のファンはもとより、ロマン派のピアノ作品としても最も名曲と言われて親しまれています。しかも、各楽章にはドイツ語による速度表示がしてあり、第3楽章は「ゆるやかに演奏する。どこまでも穏やかに保つ」という指示が書かれています。(無理です)


なぜに、こんなに難しい曲を選んだかと言うと......
春頃に友人が彼氏と別れて、元カレの好きだった曲がコレだったそうです(最悪の男だ!)。彼女はこの曲を支えに今も忘れられない日々を送っているそうで........(ここまでは涙する話)。そういうセンチなエピソードを聞いているドサクサまぎれに何故か.....

「そんな訳で、やまねこでヨロシク」(゚∀゚*)
「えー??」Σ( ̄∇ ̄ノ)......意味がわからん!

まあ、シューマン先生はいつか加えようと思っていたので、
勉強と割り切って弾いてみました(_ _)........が!!


演奏はヽ(ー_ー )ノお手上げです!



| ω・ )<オススメのネコ・ブログ「アメショッす!」
    銀ちゃん&ラムちゃんの会話が最高★

| | コメント (8)